続けていくことでガスは治まっていきます。続けることをおすすめします。

青汁を飲むとガスが出やすくなるというのは確かにあります。

おなら

ではなぜガスが出やすくなるのでしょうか。

その理由と、対処法についてご説明していきます。

青汁を飲むことでガスが出やすくなる原因は?

理由1:食物繊維が分解される際にガスが発生するから

「おいもを食べるとおならが出る」と言いますが、これは食物繊維が豊富に含まれているためです。

食べ物が分解される際に炭酸ガスやメタンガスが発生します。

食物繊維は消化されにくいため腸内をゆっくり通過するのでガスの発生が多くなります。

理由2:冷たいものを摂ることで、一時的にガスや便の排出が滞ってしまうから

冷たい青汁を摂ると、腸が冷えて一時的に動きが鈍くなり、ガスが発生する原因になります。



以上のような原因が考えられます。

では、ガスが出やすくなったから青汁をやめるべきなのでしょうか。
たしかに飲み始めてすぐは、青汁によって腸内が刺激を受けガスが発生しやすくなります。しかし飲み続けることで、腸内環境が整うので、ガスの回数も減り、ニオイも気にならなくなります。



とはいっても日常生活を送る上で、ガスが頻発しては困りますね。では具体的な対処法をご紹介します。

青汁を飲んでガスがたまりやすい場合の対処法

①青汁を飲む時間を変える

就寝前など人に合わない時間帯を選んで飲んでみましょう。腸が活発になる時間が就寝中にずれるので、日中ガスが出るのを抑えます。

②ホットで飲む

温めて飲むことで、腸内を冷やさずに青汁を摂ることができます。

③ヨーグルトと一緒に摂る

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には腸内の悪玉菌を減らす作用があります。悪玉菌は臭いガスの原因なので、匂いが気になる人はヨーグルトと一緒に摂ることをおすすめします。

④飲む回数を減らしてみる

腸内環境が整いおならの回数が減るまでの間は、青汁を飲む回数を減らしてみるのもひとつの方法です。

まとめ

人前でおならが出そうになるのは、困りますよね。
青汁は一時的におならを出やすくしてしまいますが、同時に腸内の環境を整えてくれます。

食物繊維はガスの発生回数を増やしてしまう一方で、臭いガスの原因である腸内の悪玉菌を減少させるという研究結果も出ています。

青汁の摂り方を工夫して、うまく取り入れ、腸内環境を整えていきましょう。



失敗しない青汁の選び方!ポイントはたった3つ!
・おいしさ
・安全性
・手軽さ

失敗しない3つのポイントで比較した「青汁ランキング」で、長期で続けられる青汁に出会えます!

▶ 3つのポイントを押さえた青汁を見つけるなら、青汁ランキングへ

オススメの記事はこちら

▶ 青汁続かなかった…失敗の理由はコレ!今度こそ成功する青汁選びの秘訣とは
▶ 青汁を安心・安全で選ぶ!毎日飲む青汁に必要な安全性は?
▶ おいしい青汁 総合人気ランキング 長期で続けるのにおすすめな青汁がわかる