royal_jelly01「ローヤルゼリー」は免疫力アップや疲労回復のサプリメントとして販売されています。実は青汁にも「ローヤルゼリー」を配合したものがあります。

ローヤルゼリーはミツバチが作った物質だと知っていても、私たちの体に対してどのような働きをしてくれるのかまでは、詳しく知らない人も多いようです。

ローヤルゼリーが入っている青汁は、どんな人に向いているのか、おすすめのローヤルゼリー入り青汁もご紹介します。


とにかく!おすすめのローヤルゼリー入り青汁が知りたい方に

AKI PURE ローヤルゼリー青汁【AKI PURE ローヤルゼリー青汁】
国産の大麦若葉と、甘藷(かんしょ)若葉を使用したゼリータイプの青汁です。1袋にローヤルゼリー500mg、食物繊維900mgが含まれています。ローヤルゼリーは溶けやすくしてあります。


ローヤルゼリー入りの青汁はどんな人に向いている?

ローヤルゼリー入りの青汁は、日頃の野菜不足が気になる人やローヤルゼリーで元気を取り戻したい人に向いています。

動脈硬化が気になる人に

動脈硬化を原因とする心臓や脳の病気が気になる人に向いています。

疲労感など肝機能低下が気になる人に

日頃から疲れやすい、抜け毛や頭皮湿疹など肝機能の低下による症状が気になる人に向いています。

更年期障害からくる不快症状が気になる人に

めまいや不眠、イライラなど更年期特有の不快な症状が気になる人に向いています。

免疫力低下が気になる人に

風邪やインフルエンザにかかりやすいなど、免疫力の低下が気になる人に向いています。

「ローヤルゼリー」が入っている青汁はどういいの?

ローヤルゼリーが入っている青汁は、どんなメリットがあるのでしょうか。

ローヤルゼリーが入っている青汁は、青汁に含まれているビタミンやミネラル、食物繊維と同時に、中高年以降に気を付けたい生活習慣病や更年期症状に良い特有成分のデセン酸を手軽に摂取できるのがメリットです。

ローヤルゼリーには必須アミノ酸を含むアミノ酸やビタミン・ミネラルが豊富に含まれているので、毎日の食生活が不規則な人でも、青汁を飲むことで簡単に多くの栄養素を補給できるのもメリットです。

栄養士が解説します!

青汁に配合されている成分「ローヤルゼリー」って何?

ローヤルゼリーとは具体的にどんな物質なのか、特徴を知っておきましょう。

ローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリーとは、ミツバチが食べた花粉や蜂蜜を体内で分解・合成して作られる物質です。ローヤルゼリーは働き蜂のエサではなく、体を大きくさせ寿命を延ばすために女王蜂のみが食べられるものです。

女王蜂の体の大きさは働き蜂の約2倍、寿命は約4倍といわれるほどで、まさに生命力を支える物質です。古代ローマ時代から一部の人たちに食べられていたようですが、人間への健康効果が注目され始めたのは19世紀ごろといわれています。

ローヤルゼリーの特徴

royal_jelly02ローヤルゼリーの色味は乳白色でトロミがあり、味はまったく甘くなく強い酸味が特徴です。また、働き蜂によって作られるロイヤルゼリーの量はとても少なく、希少価値の高いものです。

ビタミン・ミネラル類、アミノ酸など40種類以上もの豊富な栄養素を含む物質という点もローヤルゼリーの特徴です。

中でも、「デセン酸」というローヤルゼリー特有の成分は、ガン細胞の増殖を抑制する働きや、肝機能を高める働き、自律神経のバランスをとる働き、更年期障害の症状を和らげる働きがあるなど、多くの健康効果が期待されています。

ローヤルゼリーの研究がさらに進められ、人間にもたらす健康効果が幅広くあることがわかってきました。ローヤルゼリーは、青汁や飲料、サプリメントといった健康食品だけでなく、保湿能力の高さから化粧品原料としても利用されています。

「ローヤルゼリー」の作用について

ローヤルゼリーには、どんな作用があるのでしょうか。さらに詳しく見ていきましょう。

動脈硬化を予防する

ローヤルゼリーには、コレステロール値を下げる作用があるので、血管の老化である動脈硬化を予防して、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを下げることが期待されています。

動脈硬化は血管の弾力がなくなり、血管内にコレステロールが付着している状態なので、血管がもろくなり脳梗塞、心筋梗塞、狭心症など、命にかかわる病気にかかるリスクが高まります。加齢によっても動脈硬化は促進されますが、ストレスや過度の飲酒、喫煙、食べ過ぎなども原因となります。

肝機能を高め肝硬変などを予防する

royal_jelly03ローヤルゼリーには必須アミノ酸(※1)のすべてが含まれていますが、そのうちのメチオニンという物質は、肝臓の働きを強化し肝機能を高める作用があります。他にも、アレルギーによる痒みを抑える作用や、抑うつ作用などを持っています。

さらに、肝臓に脂肪が溜まるのを予防する作用を持つイノシトールという物質も含まれているので、肝硬変や肝脂肪の予防が期待されています。

メチオニンが欠乏すると肝機能が低下するため、動脈硬化やむくみ、抜け毛、疲労感を起こすことがあります。イノシトールが欠乏すると脂肪の流れが悪くなるので、肝臓に脂肪が溜まる脂肪肝や肝硬変や動脈硬化を起こしやすくなるといわれています。メチオニンの欠乏と同様に、髪や頭皮の健康を司る神経伝達が正常に働かなくなることで、抜け毛や頭皮湿疹などを起こしやすくなります。

(※1)必須アミノ酸とは、人体を構成するタンパク質を作るための20種類の栄養素のうちの9種類を指します。動物の体内で十分な量が作れないので食事から摂る必要があります。

更年期障害の症状を和らげる

royal_jelly04ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンという物質は、更年期障害からくるめまいやのぼせ、イライラ感や不眠などの症状を緩和する作用があります。

さらに、ローヤルゼリー特有の成分であるデセン酸には女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きがあるので、更年期障害や自律神経失調症の症状を和らげる作用があることが知られています。

更年期障害は男性にも現れますが、主に閉経前後の女性に多くみられる自律神経失調症のひとつです。女性ホルモンのエストロゲンが欠乏し、ホルモンバランスが崩れることが主な原因ですが、不規則な生活も症状を悪化させます。

免疫力を高める

ローヤルゼリー特有の成分のデセン酸は強い抗菌作用を持っているため、ウィルスや細菌を除去し風邪やインフルエンザの予防に役立ちます。

免疫力は不規則な生活や過度なストレス、栄養不足などで低下してしまいます。免疫力の低下は風邪などの病気だけではなく、さまざまな病気を誘発する原因となり、健康そのものを維持できなくなってしまいます。

まとめ

ローヤルゼリーは元気の源とも例えられるほど、人間の健康に役立つ成分を豊富に含んでいます。ローヤルゼリーが入った青汁なら、野菜不足を補うばかりかはつらつと動けるような成分も一緒に補給できるのです。ローヤルゼリーは一般的に高価で販売されていますが、ローヤルゼリー入りの青汁なら手軽にかつ安価で補給できるのが良いですね。

ローヤルゼリー入りのオススメ青汁はコレ!

AKI PURE ローヤルゼリー青汁
AKI PURE ローヤルゼリー青汁

手軽で食べやすいゼリータイプの青汁です。1袋に500mgのローヤルゼリーが含まれていて、食物繊維も豊富です。ゼリーとして食べてもいいし、水や牛乳に溶かして通常の青汁のように飲むこともできます。





オススメの記事はこちら

▶ おいしい青汁 総合人気ランキング 長期で続けるのにおすすめな青汁がわかる
▶ 野菜嫌いの子供でも大丈夫!おいしく安心して飲める青汁はこれ!
▶ 「サントリー 極の青汁」は飲みやすさ抜群!緑茶感覚のおいしい青汁 体験レポート おいしさ、安全性、手軽さを徹底調査
▶ 青汁続かなかった…失敗の理由はコレ!今度こそ成功する青汁選びの秘訣とは