matcha01青汁に「抹茶」を配合したものは多くみかけます。習慣的に抹茶を飲む人はあまり多くないと思いますが、何となく体に良さそうですよね。

しかし、抹茶が私たちの体に対してどのような働きをしてくれるのかまでは、詳しく知らない人も多いようです。

抹茶が入っている青汁は、どんな人に向いているのか、おすすめの抹茶入り商品もご紹介します。


とにかく!おすすめの抹茶入り青汁が知りたい方に

サントリー 極の青汁【サントリー 極の青汁】
大麦若葉をメインに使用した、とにかくおいしい青汁です。飲料メーカーサントリーが作っているので、文句なしのおいしさ!!
お茶と変わらないので、食事と一緒に飲むことができます。

体験レポートはこちら  公式サイトはこちら

抹茶入りの青汁はどんな人に向いている?

抹茶入りの青汁は、日頃の食生活に不安があり生活習慣病が気になる人や、ストレスを感じている人にも向いています。

青汁を初めて飲む人に

抹茶入りの青汁なら香りも良いので、美味しく飲むことができます。

生活習慣病を予防改善したい人に

健康診断で生活習慣病を指摘された人や予防したい人に向いています。

風邪をひきやすい人に

風邪をひきやすい人や、毎年インフルエンザにかかりやすい人に向いています。

肌荒れや便秘が気になる人に

ニキビや肌荒れ、便秘で悩んでいる人に向いています。

太り気味や体のむくみが気になる人に

効果的に脂肪を燃焼させたい人や、体のむくみが気になる人に向いています。

仕事がはかどらないと悩んでいる人に

脳を活性化しながらも、リラックスして仕事をこなしたい人に向いています。

「抹茶」が入っている青汁はどういいの?

抹茶が入っている青汁は、どんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

青汁に抹茶が入っていることで、青汁の香りが気にならずに美味しく飲めるのがメリットです。

日常的に抹茶を飲む習慣がない人でも、ビタミンやミネラル、食物繊維、カテキン、カフェイン、テアニンなど、健康美容に良い成分を手軽に摂れるのは嬉しいメリットです。



栄養士が解説します!

青汁に配合されている成分「抹茶」って何?

抹茶とは緑茶の一種ですが、日本では煎茶を飲む人が多いことから抹茶がどんなものなのか意外に知られていません。青汁に配合されている抹茶の特徴などをお伝えします。

抹茶とは?

抹茶とは、緑茶と同じくツバキ科の常緑樹である「チャノキ(茶樹)」の葉を原料にして作られます。そもそも、緑茶はチャノキの育て方で、煎茶、玉露、かぶせ茶、番茶、碾茶(てんちゃ)などの種類に分かれています。抹茶は碾茶を粉末状にしたものです。

抹茶を細かくする前の碾茶は、茶摘みの20日前ほどからチャノキにシートを被せて直射日光を当てずに仕上げた新芽を使います。新芽を集めて作られた碾茶を石臼や粉砕機で粉状にしたものが抹茶になります。

粉状のお茶はお寿司屋さんでよく見かけますが、こちらは煎茶を粉状にした粉茶です。煎茶はチャノキにシートを被せずに直射日光を最後まで当てて収穫した茶葉を使います。

抹茶は煎茶に比べて緑色が濃くて、渋みは少なく、また香りが良いのが特徴です。高級なお茶として茶会の席で使われたり高級スイーツに配合されたりします。

抹茶の特徴

抹茶は粉状になっていることから、茶葉の栄養素をまるごと摂れるというメリットがあります。抹茶の成分を見てみると、カテキンという抗酸化作用を持つ成分を豊富に含んでいます。

他にもビタミンやミネラル、カフェイン、アミノ酸の一種であるテアニン、食物繊維を豊富に含んでいます。

「抹茶」の作用について

抹茶に含まれる成分には、様々な健康効果が期待されています。抹茶にはどんな作用があるのか、さらに詳しく見ていきましょう。

生活習慣病を予防

抹茶に含まれるカテキンは、強い抗酸化作用(※1)があるので、糖尿病、脂質異常症、肥満などの生活習慣病を予防することが期待されています。さらには、カテキンはガン予防にも効果があるとして注目されています。

生活習慣病とは、日頃の食事や運動不足、ストレスなど、まさに日々の生活の積み重ねによって発症する病気の総称です。単純な病気ではありますが、かかってしまうと食事制限をしなければいけないので、食の楽しみが減ってしまいます。

生活習慣病は血管の老化を促進するので、血管が固くなったりコレステロールが付着して狭くなったりする動脈硬化の状態になります。

老化した血管内を血液の塊(血栓)が通過したときに血管が破れたり詰まったりして、脳梗塞や心筋梗塞といった命を失いかねない病気を招いてしまいます。

(※1)抗酸化作用とは、活性酸素という体をサビ付かせる物質を除去して細胞を傷つけないようにする作用のことです。

風邪やインフルエンザの予防

抹茶に含まれるカテキンには、強い抗菌・抗ウィルス作用もあります。外部から摂り込まれたウィルスや細菌を除去するため、風邪やインフルエンザの予防に良いといわれています。

美肌作りや便秘解消にも効果的

抹茶に含まれるビタミン・ミネラル類や食物繊維は、美肌作りや便秘解消にも良い作用をもたらします。お肌の新陳代謝を良くしニキビやシミの予防になるほか、健康な爪や髪、皮膚や粘膜を作るのに役立ちます。便通も良くなるので美肌への相乗効果が期待されます。

ビタミンやミネラルが欠乏すると活性酸素を除去する力が衰えて、肌荒れしやすくなったり目が疲れやすくなったりします。ビタミンやミネラルは体の機能を正常に保つために欠かせない成分ですので、病気にかかりやすくもなります。

体脂肪を燃焼させ痩せやすい体にする

抹茶に含まれるカフェインは、体脂肪を燃焼させる作用や利尿作用があるため、ダイエットやむくみの除去に効果が期待されています。

カフェイン不足による健康被害はありません。逆に過剰摂取は急性中毒症状を示すことがあります。妊娠中はカフェインが胎児に移行するので控えたほうが良い成分です。

リラックスや冷え性を改善する

抹茶に含まれるアミノ酸の一種であるテアニンは、脳内神経伝達物質のドーパミンやセロトニンに働きかけ、リラックス効果をもたらします。

また、脳の興奮を抑えるので精神的ストレスを減らし、癒し効果も期待されています。さらに、テアニンには筋肉を弛緩させ血管を拡張させる作用があるので、冷え性を改善する効果も期待できます。

テアニンが不足すると、脳がストレスに弱くなりイライラしやすくなったり、気分が落ち込んだりするといわれています。

まとめ

抹茶が入った青汁は、風味がまろやかで美味しくなるので、青汁をお茶代わりに飲んでみたい人にもおすすめです。抹茶が配合された青汁ならお茶を飲む習慣がない人でも、まるごと栄養成分が摂れるのがメリットです。健康や美容を意識する人に、手軽な栄養補給飲料として試してほしい青汁です。

抹茶入りのオススメ青汁はコレ!
サントリー極の青汁
サントリー極の青汁
サントリーの極の青汁は抹茶と煎茶を独自ブレンドしたおいしい青汁です。主原料は大麦若葉と明日葉を使用しています。

お茶のような味わいは食事と一緒に飲んでも、おいしくいただけます。初めて青汁を飲む方には、ぜひ試してほしいサントリー 極の青汁です。

公式サイトはこちら 体験レポートはこちら


オススメの記事はこちら

▶ おいしい青汁 総合人気ランキング 長期で続けるのにおすすめな青汁がわかる
▶ 絶対失敗したくない!続けられる青汁の選び方 3つのポイントさえ押さえれば大丈夫
▶ 青汁を安心・安全で選ぶ!毎日飲む青汁に必要な安全性は?