calcium01骨を作る「カルシウム」、成長期には欠かせない成分です。実は青汁にも「カルシウム」をプラスしたものがあります。

カルシウムが骨に良いとは知っていても、どのような働きをしてくれるかは知らない人も多いようです。

カルシウムが入っている青汁はどんな人に向いているのか、おすすめのカルシウム入り商品もご紹介します。


とにかく!おすすめカルシウム入り青汁が知りたい方に

健康家族 カルシウムもとれる初摘み若葉青汁【健康家族 カルシウムもとれる初摘み若葉青汁】

農薬不使用の鹿児島県産の大麦若葉を粉末化し、さらに海藻カルシウムを1包に約320mg配合。
抹茶を濃くしたような風味で飲みやすく、食物繊維も豊富です。

体験レポートはこちら


カルシウム入りの青汁はどんな人に向いている?

カルシウム入りの青汁は、日頃の野菜不足やカルシウム不足を手軽に補いたい人に向いています。

カルシウム不足が気になる人に

普段の食生活で乳製品や魚介類、海藻類をあまり食べることがなく、カルシウム不足が気になる人に向いています。

神経を使う人に

頭脳労働に従事している人や周囲に気を遣いすぎて何となくイライラする人に向いています。

生活習慣病が気になる人に

健康診断で高血圧と診断された人や、高血圧の家系の人、動脈硬化の症状といわれる息切れ、めまい、手足のしびれなどが気になる人に向いています。

「カルシウム」が入っている青汁はどういいの?

カルシウムが入っている青汁は、どんなメリットがあるのかを見てみましょう。

青汁にはもともとカルシウムが含まれています。
100gあたりのカルシウム含有量は
・大麦若葉 30mg
・明日葉 65 mg
・ケール 220mg
です。
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2015年版)によると、カルシウムの1日あたりの推奨量を、男性で650~800mg、女性で650mgとしています。

カルシウムをプラスして配合することにより不足分を更に補うことができますね。
※18歳以上の場合

栄養士が解説します!

青汁に配合されている成分「カルシウム」って何?

カルシウムは積極的に摂取しないと不足しがちな成分です。まずは、カルシウムとはどのような物質で、どのような特徴があるのかを知っておきましょう。

カルシウムとは?

calcium04カルシウムとは、乳製品や魚介類、海藻類などに多く含まれているミネラルの一種です。

カルシウムは人間の体内に最も多く存在している必須ミネラルで、骨や歯に99%が存在していて残り1%はカルシウムイオンという形で血液や筋肉、神経などに存在しています。

カルシウムは体重の約1~2%の比率といわれていますので、体重50kgの人なら約500g~1kgのカルシウムが存在していることになります。

日本人はカルシウムが不足しがちで、厚生労働省の設定している摂取基準に一回も到達したことがありません。カルシウムは小腸の上部で吸収されますが、摂取した分量の25~30%しか吸収されないこともあり、カルシウム不足が問題視されています。

カルシウムの特徴

カルシウムの特徴は、骨や歯の形成に必要なだけでなく、筋肉の収縮にも関わっています。また、血液を固める作用や神経伝達にも関係しているほか、ストレスを和らげる作用を持っています。

カルシウムは病気になるリスクを下げることから、日本では消費者庁により「特定保健用食品(トクホ)」の成分として認められました。

「カルシウム」の作用について

日本人に不足しがちなカルシウムですが、どんな作用があるのでしょうか。さらに詳しく見ていきましょう。

1.骨や歯を作る

calcium03カルシウムをしっかり摂取することは、体の土台である骨格を正常に形成し、脳や内臓などを守ることに繋がります。

閉経直後の女性はエストロゲンというホルモンが急激に低下するためカルシウムが不足しがちですので、積極的に摂取することで骨折や骨粗しょう症を予防する効果が期待できます。

カルシウムが不足すると副甲状腺ホルモンの分泌が増加し、骨からカルシウムが溶け出して骨折や骨粗しょう症を引き起こすことがわかっています。成長期の子どもがカルシウム不足になると、骨格の形成不全や歯やあごの骨の発育に悪影響があると考えられています。

2.脳神経の異常興奮を抑える

体内に十分なカルシウムがあれば、脳神経の興奮を抑えることができます。

カルシウムが不足していると、骨から細胞へとカルシウムが流出して骨が弱くなってきます。その状態が長く続くと、骨が弱くなるばかりか、筋肉や脳神経の異常興奮を鎮めることができなくなります。

一般的にカルシウム不足が神経を興奮させイライラすると考えられていますが、これについては現在も研究が重ねられています。

3.筋肉の収縮や神経伝達を正常に行う

calcium02人間の生命活動のカギともいえる心臓の筋肉の収縮など、内臓の筋肉の動きにもカルシウムが関わっているのです。

さらに、無意識に歩けるのはカルシウムによって、脳神経にきちんと情報が伝達されているからです。

運動など激しく体を動かした後に動悸が長引いたり、日頃から足がつりやすかったりする場合は、筋肉の収縮に欠かせないカルシウム不足が潜んでいることがあります。

4.高血圧を予防する

カルシウムを十分に摂取することで血管が弱くなるのを防ぎ、高血圧や動脈硬化を予防する効果が期待できます。

カルシウムが慢性的に欠乏していると、骨から血液中に過度なカルシウムが溶け出して血管壁に付着してしまうことがあり、高血圧や動脈硬化を引き起こしやすいといわれています。

5.免疫機能を正常化する

体内に十分なカルシウム量があれば免疫機能が高まるので、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー症状を抑制・緩和する効果が期待されています。

カルシウムが体内に少ない状態が続くと免疫機能が下がるため、アレルギー疾患を引き起こす原因の一つになりかねません。

まとめ

カルシウムは、消費者庁が認めた「特定保健用食品(トクホ)」の成分です。青汁にカルシウムが入っていると、青汁のビタミン・ミネラルも一緒に摂れるので、骨や歯の健康維持が一層期待できます。健康診断や骨密度検査でカルシウム不足と指摘される前に、カルシウム入りの青汁を飲む習慣を取り入れると良いですね。

カルシウム入りのオススメ青汁はコレ!

健康家族 初摘み若葉青汁
健康家族 初摘み若葉青汁

野菜不足もカルシウム不足も両方補えるうれしい青汁です。鹿児島県産の農薬不使用の初若葉のみを使用し、1包に約320mgの海藻カルシウムを配合。

抹茶を濃くしたような風味で飲みやすく、まろやかな味でクセがないのも特徴です。食物繊維も豊富なので、食事が偏りがちな人にオススメです。

体験レポートはこちら




オススメの記事はこちら

▶ 青汁続かなかった…失敗の理由はコレ!今度こそ成功する青汁選びの秘訣とは
▶ 絶対失敗したくない!続けられる青汁の選び方 3つのポイントさえ押さえれば大丈夫
▶ 野菜嫌いの子供でも大丈夫!おいしく安心して飲める青汁はこれ!