桑葉桑葉が原料の青汁商品に、ダイエット中の人や健康意識の高い人からの注目が集まっています。

しかし、原料によく使われる大麦若葉や明日葉などと比べて何が違うのかわからない、どういいのかわからないという人が多いようです。

そこで、桑葉とはどんなもので、どんな成分を含んでいるのかをお伝えします。さらに、どんな人に向いているのか、おすすめの桑葉の青汁商品もご紹介します。


とにかく!おすすめ桑葉青汁が知りたい方に

マイケア 八丈明日葉 ふるさと青汁【マイケア 八丈明日葉 ふるさと青汁】
マイケア 八丈明日葉 ふるさと青汁は桑葉が配合された青汁です。島根県産の国産桑葉を使用しています。桑葉のほかに、明日葉や大麦若葉、難消化性デキストリンが配合されています。安全性も高く、抹茶のような味わいでおいしく飲むことができます。

体験レポートはこちら  公式サイトはこちら

桑葉の青汁はどんな人に向いているの?

食後の血糖値が急上昇する生活を続けていると、心筋梗塞の引き金になることが研究で明らかになっています。

病気の予防を心がける人

桑葉の青汁は、食後の血糖値の上昇を抑えてくれるので、糖尿病や心筋梗塞といった病気の予防に効果的です。

中性脂肪が気になる人

中性脂肪値が高く肥満が気になる人、効率よくダイエットしたい人にも向いています。

美肌を保ちたい人

糖質の吸収を穏やかにすることで、お肌のくすみを少なくさせます。

成長期の子どもさん

様々なビタミンと豊富なカルシウム、マグネシウムが含まれています。

閉経直後の女性

閉経直後はホルモンバランスの変化により骨粗しょう症を起こしやすいので、様々なビタミンと豊富なカルシウム、マグネシウムが摂れる青汁が効果的です。

桑葉の青汁を飲むことでのメリットは?

スーパーにはない桑葉は、一般的な食品ではないため、日本のスーパーで売られることはめったにありません。

手軽に桑葉の栄養を摂りたい場合は、桑葉を原料にした青汁を飲むのが一般的です。

桑葉に含まれる食物繊維やビタミン、ミネラルとあわせて、デオキシノジリマイシン(DNJ)を効果的に摂れるのが、桑葉の青汁を飲むメリットです。

また、青汁の原料によく使われる、大麦若葉や明日葉と桑葉の栄養素を比較してみると、ビタミンEは大麦若葉の5.5倍以上、明日葉の2.4倍含まれています。ビタミンB6は、大麦若葉の4倍、明日葉の1.5倍です。

実に、カルシウムは大麦若葉の9.5倍以上、明日葉の4.4倍以上も含まれています。ちなみに、青汁の原料にも使われるケールは、カルシウムを220mgと豊富に含んでいますが、桑葉には、286mgと、それ以上に多く含まれているのです。マグネシウムは、大麦若葉の3倍近く、明日葉の2倍近く含まれています。ビタミンE、ビタミンB6、カルシウム、マグネシウムを最も効果的に摂れるのは、桑葉の青汁だと言えます。
栄養士が解説します!

桑葉ってどんなもの?

蚕桑葉は、温帯から熱帯地方に生息する、クワ科クワ属の植物です。見た目は、まさに木に繁る葉そのものです。

桑葉の品種は100種以上あり、日本でも世界でも、桑葉は蚕(かいこ)のエサとして使われてきました。今でも民家の庭に生えられていたり、かつての蚕農家の畑に放置されたまま、大きく成長した桑の木を見かけたりします。

初夏には実がなり、赤から紫に変わったころに生で食べることもできますし、ジャムの原料として使う家庭もあります。高さは数メートルから大きいものだと15メートルにも成長します。青汁によく使われる桑葉は、契約農家などが栽培しているものが使われます。

桑葉の青汁に含まれている栄養成分は?

桑葉には、具体的にどのような栄養成分が入っているか見てみましょう。桑葉100gあたりの栄養素や成分をご紹介します。

ビタミン類 ビタミンE 6.7mg
ビタミンK データなし
ビタミンB1 0.06mg
ビタミンB2 0.14mg
ビタミンB6 0.24mg
葉酸 データなし
ビタミンC 3.3mg
カロテン 788μg
ミネラル類 ナトリウム 4.2mg
カリウム 328mg
カルシウム 286mg
マグネシウム 49mg
リン 25mg
4.7mg
亜鉛 データなし
データなし
マンガン データなし
食物繊維 水溶性・不溶性食物繊維(合算) 5.6g

桑葉は「食物繊維」が5.6gと一番多く含まれています。「ビタミンE」も豊富で6.7mg入っています。

食物繊維は、善玉菌を増やすことにより腸内環境を整え、便秘を解消するのに役立つ成分です。また、動脈硬化、高血圧、肥満の予防にも役立つ成分です。

ビタミンEは、抗酸化作用があるので、細胞の老化を緩やかにし、血流を良くする栄養素です。動脈硬化や心臓病などのリスクを下げる効果が期待されています。

また、皮膚や粘膜を丈夫にする「ビタミンB6」は0.24mg含まれています。ほかにも、歯や骨を作るために大切な「カルシウム」が286mg、「マグネシウム」が49mg含まれています。不足すると貧血になりやすい「鉄」も4.7mgと豊富に含まれています。

桑葉のもつ特徴的な成分

桑葉の特徴的な成分をご紹介します。美容にも嬉しい、意外な効果にも注目してください。

デオキシノジリマイシン(DNJ)

桑葉には、デオキシノジリマイシン(DNJ)という、特有成分が含まれています。この成分は、血糖値の上昇を抑える作用を持っています。

食事食後に血中の血糖値が上昇するのは、糖分がブトウ糖に分解され吸収されるからです。

デオキシノジリマイシン(DNJ)は、食後の糖の吸収を穏やかにする効果があります。これにより糖尿病や高血圧などのリスクを下げる効果が期待されます。

さらに、女性に嬉しいのが、「肌糖化」を予防してくれることです。肌糖化とは糖質の摂り過ぎで、お肌の色が茶色く、くすんでしまうことを言います。

デオキシノジリマイシン(DNJ)を含む身近な食品はなく、中国の伝統食品である「おから発酵食品」に含まれていることがわかっています。

まとめ

父クワ科の桑葉には、特有成分のデオキシノジリマイシン(DNJ)が含まれていて、血糖値の上昇を抑え、糖尿病予防になるとして注目されています。

実は、桑葉そのものは、今から1800年以上前の、中国最古の薬物書「神農本草経(しんのうほんぞうきょう」という、薬用植物に関する書物にも登場するほどで、

昔から人々の健康に役立っていたのです。現代は、桑葉を原料にした青汁が手軽に購入できるので、自分で煎じる必要もなく、とても便利になりました。

食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれる桑葉ですが、味にクセがないので、とても飲みやすい青汁に仕上がっています。ご家族全員で手軽に栄養補給ができる桑葉の青汁、ぜひ試してみてくださいね。

桑葉入りオススメ青汁はコレ!
マイケア 八丈明日葉 ふるさと青汁
マイケア 八丈明日葉 ふるさと青汁
桑葉と明日葉、大麦若葉、難消化性デキストリン、乳酸菌などを使用した青汁です。

明日葉がまるごと入っているので栄養をまるごと摂ることができる青汁です。

公式サイトはこちら 体験レポートはこちら


オススメの記事はこちら

▶ 青汁どこで買う?通販とドラッグストア、手軽に続けられるのはどっちだ!
▶ 野菜嫌いの子供でも大丈夫!おいしく安心して飲める青汁はこれ!
▶ 青汁を安心・安全で選ぶ!毎日飲む青汁に必要な安全性は?