口臭

人との距離が近いと「私の息くさくないかな?」と不安になるものです。しっかり歯を磨いていても、自分ではわからないからこそ心配になりますよね。

お茶口臭の原因は複数で、舌についた汚れ(コケ)によるものや、虫歯・歯肉炎など歯からくるもの、蓄膿症など耳からくるもの、腸内環境によるもの、口臭症という心の病によるものなど様々です。

青汁は、腸内環境が原因で起こる口臭に効果があるとされています。

では青汁がなぜ口臭予防になるのか、効果的な飲み方などについてお答えしていきたいと思います。

青汁が口臭に効果的な3つの理由

理由1:食物繊維が摂れる

食物繊維は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果があります。

青汁の主原料に使用される、大麦若葉やケール、明日葉のどれにも食物繊維が豊富に含まれています。

理由2:乳酸菌が配合されているものがある

乳酸菌は腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを正常に戻す効果があります。

青汁には乳酸菌が配合されているものがあるので、腸内環境による口臭予防のために青汁を選ぶなら、乳酸菌入りの青汁を選びましょう。

理由3:茶カテキンが摂れる

お茶茶カテキンは口臭を減らすという研究データがあります。

青汁には抹茶や緑茶、煎茶などを配合したものがあります。

口臭予防に青汁を選ぶ際は、茶カテキンを含むものを選びましょう。



このように、青汁には口臭対策に効果的な成分が含まれています。

ただし、青汁だけで全ての症状を改善できるわけではありません。

基本は1日3食のバランスの良いよい食事を心がけ、不足している栄養を青汁で補うというような使い方が理想的です

質の良い睡眠に効果的な青汁の選び方

食物繊維を含んでいる青汁を選ぶ

食物繊維青汁には食物繊維をあえて抜いたものがあります。

これは青汁に含まれている栄養素をより効率よく吸収させるためです。

口臭予防の目的で青汁を選ぶ場合は、しっかりと食物繊維含んだ青汁を選ぶようにしましょう。

乳酸菌配合の青汁を選ぶ

青汁を口臭予防の目的で選ぶなら、乳酸菌を配合した青汁を選びましょう。

緑茶、抹茶、煎茶などを配合した青汁を選ぶ

口臭予防に青汁を選ぶなら、茶カテキンを含む緑茶、抹茶、煎茶などを配合した青汁を選びましょう。

口臭予防に効果的な青汁の正しい飲み方

飲み方

青汁は腸内環境を整えることでの口臭予防につながります。今日飲んで明日効果があるというものではありません。

青汁を長期で続けることで、腸内バランスを整えていきましょう。

注意点

青汁はたくさん飲んだからといって、より多くの効果が得られるわけではありません。

必ず、決められた量を守って正しく飲みましょう。

まとめ

口臭の原因は様々ですが、青汁には腸内環境の乱れによる口臭を防ぐのに効果的です。

青汁の原料である、大麦若葉、ケール、明日葉には、腸内環境を整える食物繊維が豊富に含まれています。

さらに乳酸菌や茶カテキンなど、口臭に効果的な成分を配合した青汁もあります。

口臭が気になるという方は、予防対策のひとつとして青汁を試してみるのもよいのではないでしょうか。


青汁はすべての症状を解消、予防する効果があるわけではありません。あくまでも健康食品です。青汁を試しつつ、必要に応じてほかの方法も試してみるようにしましょう。また症状が改善しない、悪化したなどの場合はすぐに専門の医師に相談しましょう。
オススメの記事はこちら

▶ 絶対失敗したくない!続けられる青汁の選び方 3つのポイントさえ押さえれば大丈夫
▶ 青汁を安心・安全で選ぶ!毎日飲む青汁に必要な安全性は?
▶ おいしい青汁 総合人気ランキング 長期で続けるのにおすすめな青汁がわかる