花粉症

花粉は春だけのものと考えられがちですが、実は1年中飛散しています。

花粉草木の種類や住む地域によって、影響はそれぞれですが、常に花粉症の症状に悩まされているという方もいるのではないでしょうか。


花粉症の症状は、主にくしゃみや鼻水、目のかゆみです。

症状の度合いは個人差があり、薬を飲めば普通に過ごせる人や、メガネやマスクが手放せない人、息をするだけでも苦しかったり、眠れないほどの重い症状を抱えている人まで様々です。


花粉症の治療は、耳鼻科で薬を処方してもらう方法もありますが、家庭で手軽にできる対処法もたくさんあるといわれています。

青汁その中の一つに青汁を飲むことも挙げられ、実際に青汁を飲んで花粉症が改善した人もいるようです。


それでは、花粉症に青汁が効くというのは本当なのでしょうか?

この記事では、青汁が花粉症に効果がある理由やより効果的な飲み方についてお答えしていきたいと思います。

青汁が花粉症に効果的な3つの理由

理由1:食物繊維が摂れる

青汁は腸内環境を整えるのに効果的とされている食物繊維が豊富に含まれています。

お腹食物繊維は便秘や下痢などに効くという以外にも、血糖値の上昇をゆるやかにしたり、コレステロールの吸収を抑えるなどの様々な働きを持っています。

腸内環境を整えるのもその一つで、食物繊維は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えて免疫機能を正常に戻す働きがあります。

花粉症はアレルギー疾患であり、免疫機能の過剰反応によって起こるものですから、免疫機能を正常に戻すことで、症状を緩和させることができると考えられます。

理由2:豊富なビタミン類を含んでいる

青汁には豊富なビタミンが含まれているのも特徴です。その中でも免疫機能を高めるとされる成分を見ていきましょう。

ビタミンA

緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAは、皮膚や粘膜にある細胞の形成に必要で、粘膜の乾燥や、細菌の感染を防ぐ効果があります。

食生活の偏りなどで、ビタミンAが不足すると免疫機能が低下し、花粉に対して過剰反応をしてしまう原因になります。

ビタミンAが不足している人は、補うことで免疫機能を正常に戻し、花粉症の症状を緩和することが可能です。

ビタミンC

ビタミンCは多くの働きを持ちますが、白血球の働きを強め、免疫機能を正常にする効果もあります。

また、ビタミンCには抗炎症作用もあり、鼻や目に起こる粘膜の炎症を和らげる効果が期待できます。

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化力が高く、炎症を和らげる効果があります。

同じく抗酸化作用を持つビタミンCと一緒に摂ると、その効果をさらに高めることができるといわれています。

理由3:カテキンが摂れる

茶葉青汁には緑茶や抹茶成分を配合しているものがあります。

これらのお茶に含まれるカテキンには花粉症の症状を緩和させてくれる効果があるといわれています。


このように、青汁には花粉症の症状緩和に効果があるといわれている、様々な成分が含まれています。

でも、これだけの栄養素を生の野菜から摂ろうとすると、数種類の野菜をたっぷり摂らなくてはならず、毎日続けるのも大変です。

青汁なら1杯に栄養が凝縮しているので、手軽にバランス良く栄養が摂れます。

青汁には花粉症対策に効果のある、以上の成分が含まれていますが、直接花粉症に青汁が良いとされる研究成果などはありません。

青汁を飲むことで、体内の栄養バランスが整うので、免疫機能を正常に戻すことにつながります。

花粉症に効果的な青汁の選び方

食物繊維が入っているものを選ぶ

食物繊維青汁には、あえて食物繊維を抜いているものがあります。そうすることで栄養成分をより効率よく吸収できるためです。

花粉症対策として青汁を選ぶ場合は、しっかりと食物繊維が含まれているものを選ぶようにしましょう。

ビタミン、ミネラルが摂れるものを選ぶ

青汁の主原料として使用される代表的なものは大麦若葉、明日葉、ケールです。

このすべてにビタミン、ミネラルが含まれています。

抹茶、緑茶が含まれているものを選ぶ

カテキンを含む、抹茶や緑茶、煎茶などを含んだ青汁を選ぶようにしましょう。

花粉症に効果的な正しい飲み方

飲み方、食べ方

青汁ヨーグルト腸内環境を整える、乳酸菌が入ったものと一緒に摂ることで、より高い効果が期待できます。

乳酸菌飲料で割ったり、ヨーグルトと一緒に摂るとよいでしょう。

時間

特に決まった時間に飲む必要はありませんが、青汁は毎日続けて摂ることで、症状を緩和させたり、免疫機能を整える効果が期待できます。

忘れずに飲めるよう1日の決まった時間に摂るのがいいでしょう。

注意点

青汁は飲めば飲むほど花粉症の症状が改善するというわけではありません。

メーカーの定める用量を守り、正しくとり入れましょう。

青汁は、不足しがちな栄養素を補えるという点ではとても役立ちます。

ただし青汁ばかりに頼ってしまうのではなく、1日3食の食事を基本とし、バランス良く食べられるように心がけましょう。

まとめ

青汁は、ビタミンやミネラル、食物繊維など、花粉症の改善に効果のあると言われている栄養素が色々と含まれています。これらの栄養素を全て食事で摂取しようとすると、費用も手間もかかるので、なかなか続けられません。

1包120円程度で、簡単に作ることのできる青汁は、長く続けるという点でも優れています。

辛い花粉症の症状で悩んでいる方は、手軽にできる対策として、青汁を活用してみるのはいかがでしょうか。


青汁はすべての症状を解消、予防する効果があるわけではありません。あくまでも健康食品です。青汁を試しつつ、必要に応じてほかの方法も試してみるようにしましょう。また症状が改善しない、悪化したなどの場合はすぐに専門の医師に相談しましょう。

食物繊維とカテキンを含んだオススメの青汁

サントリー極の青汁
サントリー極の青汁
サントリー極の青汁には食物繊維やビタミン・ミネラルがしっかりと含まれています。

抹茶と煎茶が配合されているので、カテキンも合わせて摂ることができます。

飲料メーカーが作る「極の青汁」は、おいしさにこだわって作られています。

これまでマズイとされてきた青汁とは全く違い、優しいお茶のような味わいです。すっきりとした味は、毎日の食事と一緒に飲むことができるので、おすすめです。

公式サイトはこちら 体験レポートはこちら



オススメの記事はこちら

▶ 青汁を安心・安全で選ぶ!毎日飲む青汁に必要な安全性は?
▶ 絶対失敗したくない!続けられる青汁の選び方 3つのポイントさえ押さえれば大丈夫
▶ おいしい青汁 総合人気ランキング 長期で続けるのにおすすめな青汁がわかる