アンチエイジング

シミやシワ、吹き出物などの肌のトラブルや、加齢に伴って現れる体の変化は女性にとっては永遠の悩みです。

いつまでも若々しくキレイでいたいという気持ちは、ほとんどの女性が持っているのではないでしょうか。

近年よく耳にする「アンチエイジング」は老化を防いだり、改善したりするための言葉として、見た目の美しさを追求する際に使われます。


しかし、本来その言葉は、体の外側だけではなく、内側からも若返ることを指します。

高価な化粧品を使ったり、エステに通ったりすることは、見た目に変化が見られるので効果を実感しやすいです。

さらに内側から磨きをかけてあげることで、より高い効果を感じられるようになります。


グリーンスムージー体の内側からキレイになるために、特に30代のモデルたちの間では、グリーンスムージーがとても人気です。

グリーンスムージーは、ほうれん草や小松菜などの色の濃い葉野菜と果物を合わせてミキサーにかけて作ります。

生の野菜を使用するので、調理による損失が少なく、野菜が持つ栄養素を逃さずにとり入れることができるのが特徴です。

スムージーは、自分で手作りをするのが一番高い効果を得ることができますが、時間やお金に余裕がなければ、毎日続けていくことはできません。


青汁そこで、より手軽に、より手頃な価格で、このスムージーと同等の効果を得られるものとして注目されているのが青汁です。

青汁は緑色の野菜を主原料として作られているため、スムージーとほぼ同じ成分を摂ることができます。


それでは、青汁は、本当にアンチエイジングに効果があるのでしょうか。

この記事では青汁がアンチエイジングに効果がある理由やより効果的な飲み方についてお答えしていきたいと思います。

青汁がアンチエイジングに効果あり?その理由とは

青汁はアンチエイジングに効果的とされているビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

そのため、細胞の老化を防いだり、女性ホルモンの減少スピードを遅らせる効果が期待できます。

では、細かく見ていきましょう。

青汁がアンチエイジングに効果的な3つの理由

理由1:原料が持つ抗酸化作用

リンゴ体の中に活性酸素が増えてしまうと、細胞が傷つけられて、老化を促進してしまいます。

さらに、最近では、活性酸素が炎症やアレルギー反応を活性化させることもわかってきました。

この活性酸素の働きを抑制したり、活性酸素そのものの発生を防いでくれるのが抗酸化物質です。

青汁の原料に多く使われている大麦若葉や、ケール、明日葉には全て抗酸化物質が含まれています。

参考:活性酸素が炎症・アレルギー反応を活性化する新たな仕組みの発見

理由2:カテキンの持つ抗糖化作用

注目したいのが「体の糖化」による老化です。糖化とは、糖質の摂りすぎによって体がコゲてしまうことです。

さびこれは、体内での不要な糖と、たんぱく質が結合して、AGEsという老化の原因となる物質を生成してしまうことが原因で起こります。

体の糖化を防ぐためには、糖質を摂りすぎないということが大切ですが、糖質を上手く燃焼させるために、運動をしたり、クエン酸やカテキンを摂るなどのいくつかのポイントがあります。

青汁にはカテキンを含む緑茶や抹茶を加えているものもあるので、お茶の持つメリットは、青汁でも得ることができます。


野菜から先に食べるということも工夫の一つで、食物繊維の血糖値の急な上昇を防ぐという働きも抗糖化のためのポイントとなります。

青汁は、食物繊維がしっかり含まれているものが多く、食前に飲むことで、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果が期待できます。

理由3:栄養バランスを整えて、女性ホルモンの減少を緩やかにする

お腹加齢に伴い、女性ホルモンはどんどん減少していきます。

ホルモン自体は増やすことはできないのですが、似たような働きをする成分を摂ることで、低下した機能を補ったり、減少のスピードを緩めることができ、青汁は後者の部分で活用できます。

女性ホルモンの減少のスピードを緩めるためには、バランスの良い食事や体を冷やさないことが大切です。

青汁は不足しやすいビタミンやミネラルなどの微量栄養素を摂ることができ、代謝の良い体づくりをサポートしてくれます。

参考:大塚製薬「女性ホルモンに似た働きをする成分」


青汁は、ホットでもアイスでも楽しむことができますが、体を冷やさないためにはホットで飲む方がオススメです。

特に冷えが気になる人は、温めた牛乳や豆乳、お湯などで割って飲んでみましょう。

アンチエイジングに効果的な正しい飲み方

飲み方

方法①:豆乳で割る

青汁を水で溶かして飲む以外に、アンチエイジング効果のある飲みものと割ることで、相乗効果を期待することができます。

豆乳大豆イソフラボンが含まれる豆乳で割るのがオススメです。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをするといわれています。

方法②:たんぱく質を一緒に摂る

透明感があって、はじけるような弾力の肌を作るのにはたんぱく質が欠かせません。幼少期は、パワーのあるたんぱく質と、豊富なヒアルロン酸が肌を保っていますが、年齢とともに、たんぱく質はやせ細りヒアルロン酸も減少してしまいます。

アンチエイジングには良質なたんぱく質も欠かせません。合わせて摂ってよりアンチエイジング効果を高めましょう!

参照:AntiAgeing「肌構造」

青汁と一緒に摂るとアンチエイジング効果アップ!

【ジェシカズ・フォーミュラー プロテインパウダー】
ジェシカズ・フォーミュラプロテインパウダーアンチエイジングに効果的な大豆イソフラボンと、良質なたんぱく質がしっかり摂れて、おいしいプロテインです。

大豆イソフラボンは100%植物性で、たんぱく質も高配合。ビタミンBも含まれていて女性に人気のプロテインです。

  公式サイトはこちら

方法③:ホットで飲む

アンチエイジングには体を温めることも重要です。

ホット青汁青汁をお湯で割って飲むことで、冷やすことなく摂ることができます。体を中から温め、代謝アップ効果も期待できます。

同様の効果を期待できるスムージーは、温めて飲むことができないので、アンチエイジングには青汁の方がおすすめです。

時間

特に効果的な時間というものはありませんが、朝はパンやシリアルだけというように、食事が簡易的になりやすく、栄養バランスが崩れがちです。

朝青汁を摂ることで、栄養バランスが整いやすくなります。

注意点

青汁は多く飲んだからと言って、効果が上がるものではありません。メーカーが推奨する目安量を守って摂るようにしましょう。

まとめ

青汁には、老化に繋がる様々な原因を防ぐとされる成分が含まれています。

美容のためには、外側からのケアも大切ですが、体の内側からもケアしてあげることで、更にその効果を高めることができるでしょう。

スムージーより、手軽に作ることができ、ホットでも飲める青汁は、いつまでも健康的で、キレイでいたい女性にぴったりのアイテムです。青汁のある生活を始めてみませんか?


青汁はすべての症状を解消、予防する効果があるわけではありません。あくまでも健康食品です。青汁を試しつつ、必要に応じてほかの方法も試してみるようにしましょう。また症状が改善しない、悪化したなどの場合はすぐに専門の医師に相談しましょう。

ビタミン、ミネラルを含んだホットで飲んでもおいしい青汁

サントリー極の青汁
サントリー極の青汁
サントリーの「極の青汁」は大麦若葉と明日葉を使用した青汁です。

ビタミン、ミネラルを豊富に含み、SOD酵素やイソビテキシンといった抗酸化作用のある成分を含んでいます。

抹茶と煎茶を配合しているので、カテキンも摂ることができますし、ホットにしてもおいしいです。

味はさすが大手飲料メーカーだけあって、爽やかなお茶の味わいです。えぐみや、苦みは一切ないおいしい青汁で、おすすめです。

公式サイトはこちら 体験レポートはこちら



オススメの記事はこちら

▶ 絶対失敗したくない!続けられる青汁の選び方 3つのポイントさえ押さえれば大丈夫
▶ おいしい青汁 総合人気ランキング 長期で続けるのにおすすめな青汁がわかる
▶ 青汁を安心・安全で選ぶ!毎日飲む青汁に必要な安全性は?