栄養士クロロフィルはカボチャやブロッコリーなどの野菜類やスピルリナやクロレラといった藻類に含まれている成分で、葉緑素とも呼ばれます。
どんな健康効果が期待されているのか見てみましょう。

  • 貧血の予防・改善
  • デトックス効果
  • 便秘解消
  • コレステロール値を下げる効果
  • 脂質異常症の改善
  • 殺菌・消臭作用

クロロフィルは、貧血でお悩みの方や効果的にデトックスしたい方、コレステロール値が気になる方におすすめの成分です。また、殺菌消臭作用があるので、口臭や体臭を抑えます。
それでは青汁の主原料である大麦若葉、明日葉、ケールでクロロフィルが摂れるか見ていきましょう。

大麦若葉、明日葉、ケールでクロロフィルは摂れるのか?

青汁を飲むことでクロロフィルを摂取できます。

青汁に利用される3大原料を見てみましょう。
大麦若葉、ケール、明日葉

  • 大麦若葉 あり
  • ケール あり
  • 明日葉 あり

3大原料のすべてにクロロフィルが含まれているので、青汁を飲むことでクロロフィルを摂取することができます。

クロロフィルの働き

健康や美容に良いクロロフィルはどのような働きをするのかを、詳しく見てみましょう。
✅ 貧血の予防・改善
クロロフィルは細胞の隅々まで酸素を届け血液循環良くする働きがあるため、貧血でお悩みの方や貧血予防に有益な成分です。

✅ デトックス効果や便秘解消
クロロフィルは、腸内に溜まりやすい水銀やダイオキシンといった有害物質を除去する働きがあるため、デトックスや便秘の解消に役立ちます。

✅ 脂質異常症の改善
クロロフィルには血液中のコレステロールを排泄する働きがあるので、血液がきれいになり血中脂質が正常化するのを助けます。

クロロフィルは貧血を予防・改善する働きや、有害物質を除去する働きがあります。また、余分なコレステロールを排泄するので、青汁を利用して積極的に摂りましょう。

クロロフィルが青汁自体の吸収を妨げることはある?
クロロフィルが青汁の吸収を妨げることはありません。クロロフィルを多く含む野菜を毎日たくさん食べるのは大変ですが、青汁なら1杯飲むだけで手軽に摂取できます。

まとめ

栄養士クロロフィルは、貧血を予防・改善するほか、体に蓄積する有害物質を除去する働きもあります。

便秘を解消するとお肌もきれいになるので、健康と美容面から見てもクロロフィルをしっかりと摂取して腸内環境を整えることはとても大切です。

多くの青汁商品にはクロロフィルが含まれているので、青汁を飲んで毎日の野菜不足解消に役立ててください。

青汁でクロロフィル(葉緑素)を摂るならコレ!

サントリー極の青汁
サントリー極の青汁
クロロフィルは青汁の主原料である大麦若葉、明日葉、ケールのどれからでも摂ることができます。
青汁は長期で続けることが大切なので、おいしいものを選ぶことが重要です。

サントリー極の青汁はクロロフィルを含む大麦若葉を原料にしています。お茶のような味わいは食事と一緒に飲んでも、おいしく飲むことができます。

公式サイトはこちら 体験レポートはこちら


オススメの記事はこちら

▶ 野菜嫌いの子供でも大丈夫!おいしく安心して飲める青汁はこれ!
▶ 青汁続かなかった…失敗の理由はコレ!今度こそ成功する青汁選びの秘訣とは
▶ おいしい青汁 総合人気ランキング 長期で続けるのにおすすめな青汁がわかる