栄養士にんじんやブロッコリー、かぼちゃなどの緑黄色野菜にはルテインが豊富に含まれています。目に良いと言われるルテインですが、どんな働きを持っているのかを見てみましょう。

  • 白内障の予防
  • 黄斑変性症の予防・改善
  • 飛蚊症の改善
  • 美肌効果

ルテインはカロテノイドという色素の一種で、目の健康に欠かせない成分ですが、日本人の多くが摂取不足気味だと言われています。

強い抗酸化作用を持つことから、白内障や黄斑変性症といった目の病気に有益な成分です。また、紫外線のダメージを防ぐため美肌にも効果が期待されています。

それでは青汁の主原料である大麦若葉、明日葉、ケールでルテインが摂れるか見ていきましょう。

大麦若葉、明日葉、ケールでルテインは摂れるのか?

青汁を飲むことでルテインを摂取できます。

青汁に利用される3大原料を見てみましょう。
大麦若葉、ケール、明日葉

  • 大麦若葉 あり
  • ケール あり
  • 明日葉 なし

3大原料のうち、大麦若葉とケールにはルテインが含まれています。大麦若葉よりケールのほうが多く含まれているので、青汁からルテインを摂取するならケールが原料の青汁のほうが効果的です。

ルテインの働き

ルテインは、目の水晶体や黄斑部などに存在している抗酸化作用を持つ成分ですが、加齢と共に減少していくので、積極的に補う必要がある成分です。

また、ルテインは紫外線やパソコンやスマホから出ている青色の光(ブルーライト)からも目を守ることがわかっています。ルテインがどのような働きをするのか、詳しく見てみましょう。
✅ 黄斑変性症の予防・改善
ルテインが持つ強い抗酸化力によって、目の黄斑部を活性酸素が引き起こす酸化のダメージから守ります。また、黄斑変性症の初期症状として知られている、飛蚊症の改善にも効果が期待されています。

✅ 白内障の予防
白内障は加齢や光ダメージにより水晶体が白く濁ってきますが、ルテインには有害な光線を吸収する働きがあるため、白内障の予防にも役立ちます。

✅ 老化防止に役立つ
ルテインは目だけではなく皮膚にも含まれていて、紫外線による肌へのダメージを守る働きがあります。

ルテインは光から目を守りと美肌効果を持つ成分です。多くの人がスマホを毎日見ていると思いますが、知らず知らずに目には疲労が溜まってきます。いつまでも目の機能を維持するためにも青汁で賢く補いましょう。

ルテインが青汁自体の吸収を妨げることはある?
ルテインが青汁の吸収を妨げることはありません。パソコンやスマホを頻繁に利用し目を酷使する方や、紫外線からお肌を守りたい方は、青汁を飲んでルテインを毎日摂取することをおすすめします。

まとめ

栄養士ルテインは、強い抗酸化力を持っている成分なので、目や肌を酸化から守ることができます。日本人の多くはルテインの摂取が不足気味です。

普段の食事で緑黄色野菜をあまり食べていない人はルテインが欠乏しないように青汁を飲んで補いましょう。

ルテインは青汁の中でもケールに多く含まれる成分なので、ケールが入っている青汁を選べば、より効果的にルテインを摂取できるのでおすすめです。

青汁でルテインを摂るならコレ!

サントリー極の青汁
サントリー極の青汁
ルテインを含む青汁は大麦若葉とケール原料にした青汁です。青汁は長期で続けることが大切なので、おいしいものを選ぶことが重要です。

サントリー極の青汁はルテインを含む大麦若葉を原料にしています。お茶のような味わいは食事と一緒に飲んでも、おいしく飲むことができます。

公式サイトはこちら 体験レポートはこちら


オススメの記事はこちら

▶ おいしい青汁 総合人気ランキング 長期で続けるのにおすすめな青汁がわかる
▶ 青汁を安心・安全で選ぶ!毎日飲む青汁に必要な安全性は?
▶ 野菜嫌いの子供でも大丈夫!おいしく安心して飲める青汁はこれ!